保湿化粧品をフル活用して美肌作り|しっとり潤う肌を目指す

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

アルカリ性であること

石鹸

しっかり洗い流す

真の洗顔石鹸は、中性でも弱酸性でもなく「アルカリ性」です。アルカリ性は洗い上がりがつっぱるのがデメリットですが、これは本来の石鹸という証しになります。世に出まわっているものはしっとりさせるために余計に保湿成分を使用しています。しかし、肌のことを考えるのであれば「アルカリ性の洗顔石鹸」を選ぶのがベストです。商品はなるべく自然素材を使っているものを選びます。いくら良い洗顔石鹸を購入しても、香料や防腐剤が入っていては幻滅です。洗うときに力を入れて摩擦をかけることも、ご法度です。雑に洗うと「くすみ」の原因となってしまいます。洗い残しがあるとかゆみが発生することもあるので、しっかりと洗い流すことも肝心です。

お手入れも大切

「アルカリ性の洗顔石鹸」がどうしても苦手という人は、グリセリンを使っている商品を選びます。グリセリンは化粧水などによく使用されている成分で、肌をしっとりと落ち着かせてくれます。見た目で見分けるのはむずかしいですが、半透明な商品が多いようです。保湿成分が入っていると、肌の表面に膜ができて化粧品の成分を深部まで到達させることができません。そういった意味でも、保湿されていない乾いている肌のほうが良いのです。洗顔したあと自分の肌に合ったお手入れをすること、これこそすべてです。ローションや乳液、美容液が深部まで浸透し、お肌をベストな状態にキープできます。肌にやさしいタオルで押さえるようにふき取ることも肌に大きく影響します。